ホーム > クラウドとは > クラウドには3種類あります

クラウドには3種類あります

クラウドとは具体的に何なのかを確認していきましょう。「クラウド」の定義は、それこそ「雲をつかむ」ような話で分かりにくいですね。IT業界での「クラウド」とは「仮想化されたコンピュータ資源をネットワーク経由で利用する」ことをいいます。

「仮想化」とは平たく言うと、多数の小さなコンピュータを集めて1個の巨大なコンピュータに見立て、それを大勢のユーザーで共有して利用するための仕組みです。IT業界のベテランの人にとっては「なんだ、それって汎用機と同じだね」と思われるかもしれませんが、実際それに近いといえます。

クラウドには、IaaS(イアース)、PaaS(パーズ)、SaaS(サーズ)という3つの提供形態があります。IaaSのはインフラ、PaaSのはプラットフォーム、SaaSのSはソフトウェアを表しています。共通する「aaS」は、「As a Service」の略で、「サービスとして」という意味です。

まず「IaaS」は、ハードウェアと仮想化ソフトとOSまでをクラウド側が提供し、その上で動かすデータベースやミドルウェアやアプリケーションはユーザーが用意します。反対に「SaaS」は、顧客管理やスケジューラなど各種アプリケーションがすぐに利用可能な状態になっていて、ユーザーはデータを入力するだけというものです。その中間が「PaaS」で、クラウド側ではAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)まで用意していて、アプリケーションはユーザーが用意する必要があります。

クラウドのシステムは、ハードウェア・仮想化ソフト・OS・ミドルウェア・アプリケーションと何階層もの要素から構成されていますが、上記のようにどの部分までをクラウド会社が提供し、どの部分をユーザーが用意するかによってクラウドのサービスを分類することができます。

あなたが利用したいソフトが業務アプリケーションであれば「SaaS」を利用することになりますし、OSレベルから使いたい場合は「IaaS」になります。ただしこれらの名称は、あくまで分類に使われる呼称です。クラウド会社の実際のサービス名やプラン名を指すものではありませんのでご注意ください。

ページの上部に戻る

FXЃobW